オンラインで英会話をマスター!

通信講座を利用してTOEICの点数アップを目指す

通信講座を利用してTOEICの点数アップを目指す グローバル化が進み日本でもTOEICの試験を受ける人が増加しています。
学生でも社会人でも誰もが忙しく時間に追われ合間を縫って勉強時間を確保することは大変です。
効率良くTOEICのスコアをアップするためには通信講座がお勧めです。
英語学習は人に教えられるよりも自分でどれだけ勉強できるかが鍵になります。
時間に追われ忙しい人でも通信講座であればスケジュールやカリキュラムに沿った目安が決められています。
課題をクリアするモチベーションアップにも繋がりますし何よりポイントを抑えながら継続して勉強し続けることが可能です。
更に聴いて読む練習を日々続けてTOEIC的な文法問題の勉強をする必要がありますのでやみくもに独学で学習するだけでは遠回りになりかねません。
その他、机に向かって勉強するだけではなくスマートフォンやタブレットに対応した通信講座もあります。
通学時間や外出先でできた隙間時間を利用して復習したり、単純に新しい英単語を習得するなど英語学習を習慣化できます。

TOEICの配点について

TOEICは、世界共通のテストになっています。
リスニング(聞く)力とリーディング(読む)力を測定します。
それによって、英語でのコミュニケーション能力が幅広く評価されています。
TOEICの配点は、公表されていません。
そのため、減点式、加点式、問題によって点数が違っているなど、さまざまな推測がなされています。
TOEICの公式ホームページによると、スコアは各問題ごとに基準が設けられているようです。
試験の難易度もきちんと調整されているとのことです。
年10回の公開試験や企業などで行われる試験でも、同じ評価基準で採点されるようです。
どういう採点基準なのかが分かりませんが、リスニングとリーディングの配点は、それぞれ495点というのは変わらないようです。
間違った人が多い問題は、配点が高くなる傾向にあります。
しかし、これに異議を唱えている方もいます。
リスニングを数問間違えてしまっても、満点になっている人もいるとのことです。

Valuable information

白山 歯科

最終更新日:2017/12/8